アドレスを見た有効ステートかどうかの判断

MUGEN制作
08 /25 2017
方法としては2種類あります

潜らせるステート吟味の目的でそのステートにlifesetやhitbyがあるかどうかだけ知りたいなら
[[[[[P+0xbe8]]+0x14]+(n*0xa4)]+0x18]を使うといいんじゃないですかね
(nは0から始まる)

0=有効かどうか
4=何番目のステコンか
8=ステコン種別
12=-1が代入されてる
以下繰り返し

内訳はこんな感じ、ステートリストと似た感じになってます

ステコン種別の番号内訳は
varset=0x04
varadd=0x05
lifeset=0x0a
lifeadd=0x0b
hitby=0x1e
nothitby=0x1e(hitbyと同じ)
changeanim=0x20
hitdef=0x25
reversaldef=0x26
hitfalldamage=0x66
hitoverride=0x78
pause=0xd4
superpause=0xd6
helper=0x12c
parentvarset=0x130
parentvaradd=0x131

有効ステートになりうるものはこんな感じですかね

んでもう一つの方法ってのが
[[[[[P+0xbe8]]+0x14]+(n*0xa4)]+0x14]にあるステコン詳細をみる方法で小蓮はこっちを積んでます
0=トリガー先頭ad
4=有効フラグ?(1以外は確認できなかった)
8=persistent
12=ignore
16=ステコン種別
20=恐らく空き?
24=valueが定数じゃなかった時(lifeなどのリダイレクトを使う場合やrandomなど)何かのアドレスが書かれる
28=valueが定数じゃなかった時何かのアドレスが書かれる
32=value(hitoverrideの場合slot,varrangeの場合はfirst)
省略
96=パラメーター先頭アドレス(多分この36~92で賄いきれないとき用、hitdefやhelperなどパラメが多い奴が使ってた)
100=トリガー先頭ad
以下繰り返し

内訳はこんな感じ、ステコン種別はn*0x64+0x10をみていく感じです
こっちのメリットはvalueも一緒に見れるので潜らせる必要がなくなる点にあります
言ってしまえば"探査過程で絶対に落ちることのない探査"ですね
当然精度面では潜らせるタイプに劣るんですがこの唯一無二のメリットが強すぎる
精度も取りすぎてしまう方面での悪さなので実際に使ってみてそこまで気にならない感じでした

長くなったのでまとめると
何のステコンがあるのかだけ知りたい
[[[[[P+0xbe8]]+0x14]+(n*0xa4)]+0x18]
ステコンの中身まで知りたい
[[[[[P+0xbe8]]+0x14]+(n*0xa4)]+0x14]
どちらを選ぶかはお好みで

スポンサーサイト

[MUGEN]2017神最上測試公開

MUGEN
08 /15 2017


挑戦側に刹那、ターゲット側にD-Misuzu8pが出ました

刹那の設定が書いてないですが混沌ぬこを倒せてないので少なくとも高速探査はオフ
多分デフォルトかな?

続きを読む

【MUGEN凶悪】神キャラ達の1vs1殺傷力競争【Part2】

MUGEN
08 /04 2017



ターゲットとしてD-misuzuが出ました
8pなので本体同期の親変更gametime貫通+660の邪眼キラーでヘルパーを奪えます
後は即死返しで死にますがhitpausetimeが付与された状態でしか記憶させてもらえません
なので超即死疑惑として記憶したステートがオーバーフローステートかどうかの判断が必要です
Lifesetには!ishelperのトリガーがあるので探査で楽はできません

11p,12pならともかく10p以下ならそこまで難しくないと思います
U蛟は親変更の範囲外にヘルパーが出たかヘルパー奪取のタイミングがかみ合わないかのどっちか
A-美凪さんはヘルパー奪ってますが即死までは出来なかったみたいですね

【MUGEN凶悪】神キャラ達の1vs1殺傷力競争【OP】

MUGEN
08 /04 2017



刹那が出てます。全開設定は動画初かな?
上位陣と当たらなければ大丈夫だと思います

JQKJ

リンクフリーです

Http:が禁止ワードですがスパム対策です