【MUGEN凶悪】G.K.T【A-1-4】

MUGEN
01 /18 2017



パッチン11pは専用してないと無理だわな

trigger1=(numhelper+enemy,numhelper)<23
trigger1=enemy,life!=enemy,lifemax
trigger1=enemy,power!=enemy,powermax
trigger1=enemy,alive=1
trigger1=enemy,time
条件はこんな感じ、time要求があるけど凍結してない限りはどうやっても満たすはず

こっちの常駐ヘルパーは3つなので相手のヘルパーが19個以下じゃないとダメージを受けません
探査積む前の刹那が汎用で行けてたんだけど更新でヘルパー数増えたせいで無理になったという

スポンサーサイト

刹那更新

MUGEN
01 /13 2017
更新内容
・デフォルト設定を変更
・高速探査オフの時刹那の周りに半霊を表示するように
・高速探査オンの時探査ヘルパーを本体化するように
・高速探査オンの時一定条件化で512エラーが出ていたので簡易対策
・探査による分身の対策
・CA2式アニメ取得搭載
・ヘルパーが奪えた場合イントロを延長するように
・真Alive偽装オン時nokoが暴発していたので修正
・先行探査番号追加

大きく変わったのはアニメ取得と仕分けの強化で他は微調整です

デフォルトは邪眼12000,高速探査オフになりました
どっちも全開設定にしたいけどまずは様子見
搭載キャラが増えてきたり動画で全開設定ばっかり使われてたらオンにするかも

DL

MUGEN凶悪 神以上論外以下 矛vs盾チームリスペクト大会 第2回 part5

MUGEN
01 /12 2017


まあ矛のメンツ的にこうなるよね

1P側ナッコは確実に引き分けになるだろうから矛的には引きこもっててくれた方が助かるかな

残像パワー参照

MUGEN制作
01 /11 2017
下の記事で使ってるやつ
知ったのは昨日なんですけど結構前からアドレス取得はこの方法が主流らしいですね
わざわざコードを組まなくてもP1orP2アドレスと先頭アドレスさえわかってしまえばどんなに深いアドレスでも簡単にとれるみたいです

高速探査組む前に知りたかった

邪眼キラー

MUGEN制作
01 /11 2017
1.投げ主体コードを取得します(先頭アドレス+0xbe8(=+3048))
2.1で取得した値に書いてある値を取得します
(投げ主体コードが0b90000だったら0b90000に書いてある値を取得)
3.2で取得した値+0x18(=+24)に書いてある値を取得します
3で取得した値が邪眼アドレスです

ちなみにafterimageとpower参照使えばコード組めなくても何とかなる
先頭アドレス取得と参照先ずらしをした後に
[State 残像参照1桁目]
type=displaytoclipboard
trigger1=1||var(0):=const(data.guard.sparkno);自身の先頭アドレス
trigger1=var(0)>99999
trigger1=1||var(1):=parent,var(0+(teamside=2))+340
text="%.*d%n%d"
params=(var(1)&255),0,var(0)+5012
ignorehitpause=1
[State 2桁目]
type=displaytoclipboard
trigger1=var(0)>99999
trigger1=var(1)!=[0,255]
text="%.*d%n%d"
params=(var(1)&65280)/256,0,var(0)+5013
ignorehitpause=1
[State 3桁目]
type=displaytoclipboard
trigger1=var(0)>99999
trigger1=var(1)!=[0,65535]
text="%.*d%n%d"
params=(var(1)&16711680)/65536,0,var(0)+5014
ignorehitpause=1
[State 4桁目]
type=displaytoclipboard
trigger1=var(0)>99999
trigger1=var(1)!=[0,16777215]
text="%.*d%n%d"
params=(var(1)<0)*128+(var(1)&2130706432)/16777216,0,var(0)+5015
ignorehitpause=1
[State 主体コードに合わせる]
type=afterimagetime
trigger1=1
time=var(0)+3048
ignorehitpause=1
[State 主体コードを元に邪眼中継に合わせる]
type=afterimagetime
trigger1=1
time=power
ignorehitpause=1
[State 邪眼中継を元に邪眼アドレスに合わせる]
type=afterimagetime
trigger1=1
time=power+24
ignorehitpause=1
[State 邪眼アドレスをconst(movement.airjump.num)に保存1桁目]
type=displaytoclipboard
trigger1=1
text="%.*d%n%d"
params=(power&255),0,var(0)+272
ignorehitpause=1
[State 2桁目]
type=displaytoclipboard
trigger1=1
text="%.*d%n%d"
params=(power&65280)/256,0,var(0)+273
ignorehitpause=1
[State 3桁目]
type=displaytoclipboard
trigger1=1
text="%.*d%n%d"
params=(power&16711680)/65536,0,var(0)+274
ignorehitpause=1
[State 4桁目]
type=displaytoclipboard
trigger1=1
text="%.*d%n%d"
params=(power<0)*128+(power&2130706432)/16777216,0,var(0)+275
ignorehitpause=1
[State リセット]
type=afterimagetime
trigger1=1
time=parent,var(0+(teamside=2))+376
ignorehitpause=1
[State リセット]
type=displaytoclipBoard
trigger1=1
text="%n"
params=var(0)+5012
ignorehitpause=1
これでconst(movement.airjump.num)に邪眼コードが入ります

邪眼アドレス
デバッグの左側がコードで取得した邪眼アドレス、右がconst(movement.airjump.num)
ちゃんと取れてますね

const(data.guard.sparkno)は自分の先頭アドレスに置き換えてね
後ライフ表示が巻き込まれるから気になる人は修復すればいいと思うよ

別に

その他
01 /10 2017
http://samsara01.blog.fc2.com/blog-entry-20138.html
プログラミングに詳しいわけではないです
アドレス追うぐらいなら知識無くても出来ますね

ステートの中身は潜った方が早いので(ry
探査ヘルパーを本体化してから潜らせれば消去召喚は防げますし

言い忘れてたけど

MUGEN
01 /08 2017
全領域邪眼と高速探査は次の更新でデフォルトでオフにする予定です

今回オンになっているのはお披露目みたいなものです

邪眼は多分1万前後になると思います
高速探査は個人的に全領域邪眼よりもやばいものだと考えてるのでオフになります

またミスしてる・・・

MUGEN
01 /08 2017
デバッグ用のライフ減少がオンになったままでした
動作に影響はないです

気になる人はcnsフォルダにあるsenna.cmdをメモ帳で開くと

[Statedef -1]
[State スキップ]
type=Explod
triggerall=1
triggerall=!ishelper
trigger1=!numexplod(1)
trigger1=var(1):=1
-----以下省略-----

こんな感じの記述があるのでtriggerall=1をtriggerall=0にしておいてください

面倒なら放置してかまいません

現公開ファイルは修正済みなので(ry

ミス修正

MUGEN
01 /08 2017
探査が途中でストップする場合があるのを修正

差分

この記事を見る前にDLした人は差分の中身を突っ込むと最新版になります

いま公開している本体は修正済みだから新しくDLする場合は問題ありません

刹那更新

MUGEN
01 /08 2017
更新内容

・欠損キラーの調整
・探査でのnormal出現判断の改良
・邪眼キラーを%nによる自己ステート書き換え方式に変更
・高速探査搭載

ファイル構成が変わってます
上書きじゃなくて一度消してからDLするといい感じになると思います


邪眼キラーはOPTION.txtで範囲を変更できるので各々で調整してください
デフォルトはお試し的な意味で全領域になってるから注意ね

高速探査もOPTION.txtで普通の探査に戻すことができます
こちらもデフォルトはお試し的な意味でオンになってるから注意

探査終了

高速探査で相手の全ステートの探査が終了したら画像のように刹那ちゃんの周りに光球が出現します


DL

ファイル構成が変わったので差分はありません

def番号+ステコン数調査

MUGEN制作
01 /07 2017
ステコン数

デバッグ2行目の左から順に
敵def総数
調査番号(0からカウント、この場合は4個目のdefを調べてる)
対応する場所のdef番号
対応する場所のステコン数

var(1)に調査したい番号を入れてその値に対応するdef番号とステコン数をvar(4),var(5)に書き込むコードを作ったのでそれを使いまわして調査する感じですかね
カンフーマンの4番目に読み込むdefは191(イントロ)でステコン数は7個だからちゃんと取れてるはず

これを使えば存在するステートのみを探査できるようになるので探査速度が凄く速くなりますね

全領域邪眼

MUGEN制作
01 /04 2017
邪眼キラー

成し遂げたぜ。

流石コード式
安定感がダンチですよ

螺旋の戦士

MUGEN制作
01 /02 2017
探査積んだ時から倒そうとは思ってたんだけどね
時間なくて放置してた

螺旋の戦士

潜入型は持ってるしヘルパー奪うまでは難しくないんだけどステ抜けが固定値代入方式だから意識しないとつらいかな
変数いじりに組み込む形で汎用化したけど

MUGEN凶悪 神以上論外以下 矛vs盾チームリスペクト大会 第2回 OP

MUGEN
01 /02 2017


自キャラからは矛に刹那、盾にナッコが出てるみたいですね
盾のメンツが中々凄まじいので活躍は期待できそうにないかな

ナッコは矛のメンツ的にボーナスステージですね

2017年

その他
01 /01 2017
今年もよろしくお願いします
失踪しないように頑張ります

JQKJ

リンクフリーです

Http:が禁止ワードですがスパム対策です